ビーチの季節! サーフレッスンにはドラマがある★サーフレッスンストーリー

7月も中旬となり、いよいよ夏本番となりました! 
海でも街でも水着とサンダルでおでかけの嬉しい季節。
サーフレッスンにもベストシーズンです。始めたいな、と思っている方、ぜひこの季節に!
Sanamihanaのサーフレッスンにかかわっていく中で、気づくことや心に響くことがあります。
そんなことをSanamihana 代表花岡がレポートしています。ぜひご覧ください。
第一弾は、ドライブ5~6時間、ラスベガスから通う女(ヒト)
第二弾は、今でしょ! 限られた時間のサーフィンライフ

2019★夢のカリフォルニアリトリート 開催日程決定!

今年もやります!
夢のリトリート★カリフォルニアのここちよい風を感じて、心も身体もリフレッシュ。
サーフィンコースとヨガコースから選べます。

カリフォルニア ロングボーダー リトリート 4泊5日

少人数でローカルポイントとカリフォルニアサーフィンライフ満喫

開催期間: 2019年9月15日(日曜)〜 2019年10月9日(水曜)
現地:日曜日到着、現地:木曜日出発、日本:金曜到着

カリフォルニアヨガリトリート 4泊5日

カリフォルニアのヨガの街で心も身体も癒されて。出会いと学びの日々

開催期間: 2019年10月25日(金曜)~ 2019年11月19日(火曜)
現地:金曜日到着、現地:火曜日出発、日本:水曜日到着

詳細はこちらから

イルカと一緒にお待ちしてます!

サーフレッスンストーリー★今でしょ!限られた時間の中で満喫サーフィンライフ

サーフレッスンを重ねていくごとに、レッスンを受けて頂いた方のサーフィンへの思いや、大げさにいえばその方の人生の一部を垣間見る?ようなことがあったりします。まさにドラマ!ということで、サーフレッスンにかかわったストーリを、Sanamihana (SANAMI,INC.)代表 花岡の率直かつ個人的な感想を書いてみることにしました。
今回は、お二人の30代男性のストーリー
Tさんは、日本の公務員の方で1年間の留学のようなシステムでサンディエゴに滞在されていました。花の独身です!
Tさんからメールを頂いたのは、去年の夏。サンディエゴにこられて間もなくで、一度もサーフィンの経験はないとのことでした。現地の大学での忙しい勉強の合間に、サーフィンビギナーズパッケージフルコース6回に通っていただきました。

平日にもこられたので、空いている海でゆっくりレッスンができました。
レッスン後のランチは、エンシニータスの人気シーフードレストランがお気に入りだったようです。

最初から1年間という期間を限られていたので、その間を満喫するために、勉強はもちろん、自由時間もゴルフやマラソン大会への出場、アメリカ国内旅行など積極的に活動されていたようです。

レッスンを終了されて、ご自分の車に入れることも考えて少し短めのサーフボードを購入されたました。ウエットスーツも手に入れて、すっかりサンディエゴサーファーに! 滞在先や大学に近い初心者向きのビーチで楽しまれていました。

レッスンが終了した後にも時々メールで様子をお聞きしていましたが、ある日のメールにはこんなことも

「2日間で計10時間ぐらい海にいました。疲れた状態で試しにアウトサイドに行った際、波に乗れず、またパドルも全く進まず、このまま岸にたどりつけないのではないかと冷や汗をかきましたが、力をふりしぼって、何とか戻れたという経験をしました。」

レッスン後2か月くらいたったころでしょうか、レッスンビーチのサンエリフォで一緒にサーフィンをしました。とても上達していたのでびっくりし、大変うれしかったです。
その時は、Tさんからこんなメールが

「なかなか上達の実感がないのですが、サーフィンに行く頻度が日に日に増えていまして、ますます楽しくなって来ています。サンエリフォはサーフィンを始めた場所ということもあり、とても居心地が良いことを昨日改めて感じました。もっと行く機会を増やしたいと思います!」

もう一人、Sさんもサンディエゴ赴任になってその月内にご連絡をいただきました。サーフィンは未経験。こちらには研究のお仕事で赴任されたようです。研究職というのはとても大変なようで、週末は必ず休める会社員よりも自由時間が制限されているようで、サーフィンも週に1回できるかどうか、、という、サンディエゴのビーチエリア在住という環境にしては厳しかったと思います。
そんな環境にもめげず、サーフィンビギナーズパッケージフルコース6回で、サンディエゴサーフィンライフをスタートされました。
レッスンがスタートして、初回からサーフィンの楽しさを感じていただけたようです。

本当に忙しい研究の間に時間をつくっていただき、熱心にサーフレッスンを受けていただきました。
終了後は、マイボードもウエットも早速購入されて、サーフィンを楽しまれていました。
時々メールで様子をお聞きしていたのですが、ある日のメールにはこんなことが

「最近は波が高い日が多く、2時間で2、3回テイクオフするのがやっとでした。沖に出るのも大変で、心が折れて早めに切り上げることもしばしば…」

一度、Sさんの上達を確認したくて、観に行ったことがあります。乗ってました!そして楽しそうでした!嬉しかったです!

実は、このお二人は同時期にサンディエゴに来られて、職場や学校が同じエリア、そして同じ場所(勉強会)に通っていらっしゃいました。そこで会話しているうちにサーフィンを始めたことをお互いに知り、それからはお二人で誘い合ってサーフィンを楽しまれていたことも多かったようです。

そして、サンディエゴに来て1年、サーフィン始めて1年でお二人は日本へ帰られました。

サンディエゴを出発する前の最後のメールには、こんな嬉しい言葉をいただきました。

サンディエゴでサーフィンを行えたことは、一生の思い出になったと思います。Tさんより

サーフィンのおかげでカリフォルニアを満喫出来ましたし、忘れられない思い出になりました。ありがとうございました。これからもたくさんの日本人にサーフィンの楽しさをお伝えください。Sさんより

お二人とも日本ではサンディエゴにいたようには、サーフィンを楽しむことは難しい環境なようです。

サンディエゴにいる時間、それがサーフィンを楽しむ 今でしょ! とお二人に教えてもらったような気がします。

もし、サンディエゴにいて、サーフィンしてみたいな~と思っている方、やるなら今ですよ!

Sanamihana サーフレッスン

Sanamihana 花岡

ロサンゼルスからサンディエゴへサーフレッスンに。空いているきれいなビーチ

Sanamihanaのサーフレッスンは、南カリフォルニアのサンディエゴの北部、エンシニータスエリアで行っています。
ロサンゼルスからは、車で約1時間半から2時間(ロサンゼルスのどこからくるかにもよります)。
ロサンゼルスには日本企業にお勤めされている日本人の方がたくさんいらっしゃって、Sanamihanaのサーフレッスンをみつけてくれて、通っていただき、大変うれしいです!

Nさんと同じ職場で働くお仲間で、サーフィンに初チャレンジ! みんなでわいわい、楽しい時間。

こんなうれしい感想をいただきました。

楽しくて実になるレッスンをありがとうございました!ご丁寧に教えていただいて&サポートしていただけたおかげで、人生初サーフィンでボードに立つこともでき、とても充実した時間となりました。あの喜びをまた味わいたいので是非続けていきたいと思います。

サーフィンビギナーズパッケージ6週間で通っていただいたSさん。日本からロサンゼルスに転勤になって、前から興味があったサーフィンをこの機会に始めてみたいと。メールでのお問い合わせで、年齢があまり若くないので、、と少し心配されているようでしたが、全然問題ありません! 平日にこられるので、空いている海でゆっくりレッスンできました。
とてもサーフィンを好きになっていただけたようです。もちろん、初めてのサーフィンですから、うまくボードに立てないことも、波に翻弄させられることもありました。でも毎回のレッスン後、さわやかな笑顔で、気持ちよかったです!と。その甲斐あって、パッケージ終了時にはご自分で波を取れるようになりました!

レッスン後は、ショートボードを購入されて、時々エンシニータスまでサーフィンにいらしてます。

Sanamihanaのレッスンビーチは、サンディエゴ内の北部なのでロサンゼルスからは比較的近い距離にあります。
ロサンゼルスのビーチより空いている、水がきれい! との感想をいただきます。

ロサンゼルスの皆さん、ちょっとドライブしてサンディエゴのビーチまでいらしてくださいね!
1泊2日で、自然豊かなサンディエゴ観光も兼ねてのゆっくり週末旅行もお勧めです。

Sanamihana サーフレッスン

イルカと一緒にお待ちしています!

サーフレッスン 週末プチトリップ★ロサンゼルスからエンシニータスへ通って

日本企業にお勤めで、海外転勤でロサンゼルス駐在になられたIさん。初回はサーフレッスン付き宿泊プランで、サンディエゴのエンシニータスに泊まっていただきました。サーフィン&ヨガの街エンシニータスを気に入っていただき、その後はプライベートサーフレッスンで、週末にロサンゼルスからエンシニータスのサーフレッスンビーチに通っていただきました。Iさんのご自宅から車で約2時間のドライブです。

エンシニータスのサーフショップでサーフボード、ウエットスーツもご購入で準備完了。カリフォルニアサーフィンライフの本格的なスタート!

Iさんは、週末のサンディエゴサーフィンの後に、度々エンシニータスの少し南のデルマー散策も楽しまれました。
大人の気品あふれるデルマービーチエリア。週末にはロードサイクリングのグループが。なにげに駐車してるカッコイイ車。

デルマー15thの交差点にある、歴史あるレストランでおしゃれなランチ。

デルマープラザの中にある日本食レストランのお寿司ランチとアジア系レストランの身体が温まるランチ。海外生活にはうれしいですね。

レッスンが修了した後も週末にエンシニータスへサーフィンにいらっしゃってました。その時は、Sanamihanaから週末の海の状況をメールでお知らせしてアドバイスさせていただきました。
タイミングがあうときには一緒にサーフィンを楽しみました。ロサンゼルスのビーチよりものんびりしているし、海もきれい。
Iさんからいただくメールには、必ず、サーフィンの上達経過と「楽しい週末でした!」と書かれてました。

回を重ねるごとに上達していく様子を確認できたことはもちろん、Iさんがサーフィンを楽しいと感じて、海は心地よい、エンシニータスの海と人と街が好き、サンディエゴのビーチタウンを気に入っていただいたことが最高に嬉しいことでした!

ロサンゼルスからの週末バケーション。ちょっと贅沢な時間を過ごすことを選ばれたIさん。充実した楽しい駐在ライフを過ごすお手伝いができたこと、感謝しております。 

ヨガリトリート ★Mさんのエンシニータス滞在記 その4<アーティストの街散策>

Makikoさんの宿泊プランヨガリトリートでタウンガイドがあり、ヨガの街エンシニータスの隣、ソラナビーチにでかけました。
ここは昔、木工の職人さん達が多く住んでいたところで、今でも立派な家具屋さんなどがあります。そんな土地柄、アーティスト達に好まれ、センスの良い個性的なお店が並びます。
サンディエゴの内陸エリアで育てられるオリーブからつくるオリーブオイル専門店。
オイルだけでなく、クリームやソープ、スパイスもいろいろあります。Makikoさんは、おみやげ用とご自宅用にいろいろ買われてました。日本に帰ってから楽しみにですね!


アンティークショップ、ビーチスタイルの素敵なインテリアショップなどなど、ひとつひとつのアイテムをじっくりみていたらあっという間に時間がたっていきました。

青い空にひかれて、ソラナビーチのビーチにちょっとおでかけ。広い海にサーファー一人、波独り占め状態ですね。



のんびりした空気が流れている気持ち良い時間でした。

Makikoさんのヨガリトリート★エンシニータス滞在記1~4まであります。ヨガ、ピラティス、ハイキング、ランチなどいろいろレポートしていますので、ぜひご覧ください。

Sanamihanaのガイドへの感想をいただきました。
「お陰様でしっかりとエンシニータスを満喫できました。またぜひ来たいなと思っています!その際もぜひよろしくお願いします。」
暖かいお言葉、本当にありがとうございます。ガイドさせていただいた私も、とても濃く、楽しく、リラックスした時間を過ごせました。はい、またぜひいらしてください! その時はぜひサーフィンしましょう。イルカと一緒にお待ちしています。 Sanamihana 花岡

ヨガリトリート ★Mさんのエンシニータス滞在記 その3<ランチタイム>

Makikoさんのエンシニータス ヨガ滞在レポート ランチタイム!
ヨガやピラティスで身体を動かした後のランチも、滞在中の楽しみのひとつ。
エンシニータスエリアには、ヨギやサーファーだけでなく、健康に高い関心を持つ人達が多く住んでいることもあり、ヘルシーなメニューの多いレストランがいろいろあります。

ヨギ達が集まるロータスカフェ
エンシニータスダウンタウンにあるカジュアルレストラン。店内もヨガの雰囲気がたっぷり。ベジタリアン、グルテンフリーのメニューも豊富ですが、お肉メニューもいろいろ選べます。
おいしく炊き上げた玄米の上に、たっぷりの野菜とグリルしたチキンを乗せて。数種類の野菜と豆腐をジンジャーソースで炒めてふっくら玄米の上にのせて。ヨガの話をしながらのランチタイムを楽しみました。

海とランチタイム! 
その1、2階席から海をみながら食事ができるレストランでランチ。
最近人気のハワイ生まれのポキボールをサンディエゴ風に。オーガニック野菜のサラダに美味しいアボガドディップ。身体にやさしいオーガニックグリーンジュースも。

その2、サンディエゴのグルメ、メキシカンシーフードタコス。
ビーチ近くのローカルに大人気のシーフードレストランで、おいしいタコス。新鮮なエビとフィッシュにライムとアボガドディップをたっぷり。アメリカのオイスターにもトライ。

その3、海のみえるとか海の近く、、ではなく、海の真ん前で、ピクニックランチ~
まずは、サーファー御用達のちょっと高級マーケットのデリで、おいしそうなローストビーフたっぷりのバーガーをオーダー、そしてビーチにGO!

高台の海を見渡すピクニックベンチでのんびりランチタイム。このビーチに住みついているリス君もかわいい姿をみせてくれました。

カフェもいい雰囲気
散策の合間の一休みに、カフェへ。イエローと白のウッディーな建物が愛らしいカフェ。この建物は、昔エンシニータスの駅に使われていたものを利用しています。内装やインテリアも当時の雰囲気があり、気持ちの良い空間。庭の白いバラもとてもきれい。スイーツとお茶でおしゃべりタイム。

エンシニータスには、サードウェーブコーヒー系のショップがあり、人気です。Maikoさんはご自分でもいくつかのカフェにでかけて楽しまれたようです。

ザ アメリカ! 正統派ドーナッツ屋さんへ
昔からローカルに愛されている老舗ドーナッツショプにいきました。たくさんの種類のドーナッツや色鮮やかなクッキー、ケーキが並んでいます。日本人にはちょっとびっくりかもしれませんね。Makikoさんは、翌日の朝ごはん用にドーナッツ2つゲット。アメリカの朝ごはんを堪能されたようです。

ヨガリトリート ★Mさんのエンシニータス滞在記 その2<ハイキング編>

Makikoさんのヨガリトリートプラン滞在中、ヨガクラスの合間に自然と触れ合うハイキングにいきました。

エンシニータスの隣、ソラナビーチ市にあるトレイル。川が海に流れ込むラグーンを見ながらのハイキングコース。

今年は冬に雨が多かったので、例年よりも花がたくさん咲いていて、緑もきれい。サボテンの花も見られました。

高台からラグーンを見渡して、その先には海が見えます。

2回目のハイキングは、鳥が飛ぶのを下にみることができる壮大な風景、トーリーパイン州立公園へ。

曇りだったので青空はなかったのですが、海風を感じながらのお散歩、気持ちイイ。

サンディエゴは自然と都会が隣り合わせという魅力があります。ちょっと時間を作れば自然を感じることができるって、いいですね。そんなひと時をMakikoさんにも楽しんでいただきました。

ヨガリトリート ★Mさんのエンシニータス滞在記 その1<ヨガ&ヨガの街 >

Makikoさんは日本でスポーツインストラクターをされていて、LAでは最新のスポーツジムやフィットネス事情などの視察、サンディエゴのエンシニータスでは、自分の時間としてヨガに浸り、ピラティスのプライベートレッスンを受けるというプランでした。Sanamihanaの宿泊プラン ヨガリトリートを基本にアレンジさせていただきました。

ヨガはソウルオブヨガに毎日。いろいろなクラスに参加されました。

ソウルオブヨガの創設者Tom先生のクラスで

感想

「Tom先生の温かさがとても印象に残っています。他のインストラクターの先生もみんなオープンな感じでした。とてもよくしてくださり、心も身体も癒されました。」

一軒家ヨガ
閑静な住宅街の奥にある素敵なお家で、美しいマダムが教えてくれるヨガクラス。先生と二人だけの贅沢な空間で、みっちりと身体を動かした後にはアロマの香りで癒されるひと時。

「とても贅沢な環境で特別な感じがしました。自分自身にもしっかり集中できました。先生もきれいで優しくて、素敵でした。」

ピラティス
エンシニータスのビーチ近くにあるスタジオで、マシーンを使ったプライベートレッスンを2回。ここちよい汗をかいて、心も身体もすっきり。カリフォルニアらしいキュートな先生達が優しく、厳しく、楽しく指導してくれたようです。

「わかりやすいリードでしっかりと集中してトレーニングできました。」

米国に初めてヨガを伝えた偉大なるヨギが創設した団体(SRF)のメディテーションガーデンにいきました。

きれいな景色と美しい花々と植物たち、静かな時間

ガーデンの後は、SRFのギフトショップでパラマハンサの著書をみて、瞑想センターにいって地元の方々と一緒に静かな時間も体験しました。

エンシニータスのアイコンの一つ、ボートハウスの前で。この建物ができたいきさつやその他にもあるエンシニータスのちょっと面白いアートにまつわる話などしながら、ヨガの街エンシニータス散策を楽しみました。

エンシニータスの街の感想
「街全体も美しく、人も優しくてとてもいい街だと感じました。今度くるときはぜひサーフィンをしてみたいです。」

海と空と太陽と ビーチアート エンシニータスの日常風景

エンシニータスのビーチを散歩していたら、こんな風景に出会いました。

海岸線に沿って、かなり長く描かれてます。

人もまばらなビーチで一人、棒のようなもの使って、制作中の彼。

海と空と太陽と心地よい風、、、そんなイメージなのでしょうか

描くのは潮が引いている時に。潮が満ちてきたら、このアートは波と一体になって、少しづつ海に帰っていくように消えていきます。 限られた時間の美しさ、、、

ショーでもなく、イベントでもなく、大勢の人が見にくるわけでもなく、、こんな日常があるビーチタウン。
エンシニータスが好きになるわけです。

エンシニータスに泊まってサーフィン&ヨガ