2007 年 7月 のアーカイブ

笑うトラ君

ここに住んでいると、興味をそそられる物との出会いがたまにやってくる。

最近の出会いは、これ。

dsc01226.JPG

地元の人だったら誰でも知っているMarshallsというお店は、ディスカウントショップ。いろんな物がお安く売っている。

たまに山ほど買っていく人がいるけれど、いつもそう気に入った物があるわけでなく、手ぶらで帰ることが多い私。

しかし、最近ふらっといってみたところ、食器売り場にひときわ目立つ赤い食器が!

これ懐かしいではないですか! 子供の頃、ケロッグの朝ごはんというコマーシャルをやっていて、ごはんじゃなくて、ケロッグのフレークに牛乳をかけて食べるというのが新鮮だったという記憶が瞬間によみがえる。

KELLOGG`Sのキャラクター トラ君がフレークの箱をかかえてにんまりしている柄が描かれている、お皿、ボール、マグカップ。

 この配色、トラ君のにんまりした顔、  すっかり気に入ってしまった。

dsc01153.JPG

Marshallsは次々と半端な在庫で販売するので、あっという間に消えるアイテムが多い。なので、これ と思ったら即入手。 これ原則。

dsc01152.JPG

dsc01152.JPG

 

 こちらの朝ごはんにはフレークにフルーツを混ぜて、牛乳かけて食べるという簡単なものを食べている家庭も多い。そのフレークにビタミンとかカルシウムなどが添加されているから、バランスのいい食事だとか。スーパーに行くとたっくさんの種類のフレークが並んでる。箱をみるとおいしそうなんだけどね。 ちなみに大体のものは砂糖が含まれていて、甘い。

はじめよう サーフィン レッスンその2

今日は2回目のレッスン。HIDEAKI君、9Feetのハードボードで練習します。

前回は先生が波を選び、ボードを波に対して垂直にして、うまくコントロールしてくれました。

今回は 自分でそれをやってみます。

 さて、ボードを持って海に。

06192007-051.JPG

 1)パドルを始めるタイミング

ボードの向こう30cmくらいに波が近づいてきた時

06192007-049.JPG

 

 2)立ち始めるタイミング

波がボードを押したと感じたらすばやくもう一度、パドル。それから立ちます。

 

06192007-053.JPG

両足がボードの中心線に乗っていること。陸上で練習しましたね!

 

足は肩幅よりやや広くスタンスを取り、ひざを軽くまげる。

 

視線はいつも進行方向。下をみない。

 

 一度乗ったら、なるべく落ちないようにこらえることも大切。すぐあきらめて落ちないこと。

 岸のぎりぎりまで乗れるだけ乗ってみるようにします。

 

06192007-054.JPG

 

 

あとはこのインサイドの練習を繰り返し、 無理なく立てるようになったら、アウトサイドレッスンです。

 波の荒いときは砕けた直前のところにいるとボードが強く押されすぎて、バランスを崩すことがあります。そんなときは小さくてもいいですから、砕けてから少したった波に乗るようにしましょう。

ともかく、パドル→立つ→ 乗るの動作を繰り返すことです。

乗った後に勢いがない波だったら、前足に体重をかけてスピードをつけ、長く乗れるようにします。

この練習は、波が悪い日でもできます。うまくいかなくてもともかく続けましょう。

そして、波がおだやかな日に、沖にGO! 

サンディエゴの海でおもいっきりサーフィン楽しんで。

6月のある日曜日。日本の超一流企業 SONYにお勤めの9人の方が初めてのサーフィンにきてくださいました!

 dsc01412.JPG

SONYはここサンディエゴにも会社があるので、駐在の方がたくさん住んでいらしゃいます。 今回参加のきっかけは、5月のイベントに参加していただいたSONYの駐在の方からの紹介です。

日本ではバスケットをやられているということで、皆さん気力、体力ともばっちり。

陸上での立つ練習を真剣にやった後、順番に海に入っていきました。

 dsc01397.JPG

さすが、普段から鍛えているとあって、上手に波に乗っていました。最初はちょっと苦戦していた方も、コツをつかみ、はじめてながら最後の方では先生の補助なく自分で乗れている方も。

特に女性3人の方は、スタイルもよく、きれいなホームでたくさんの波をゲットしていました。

 

 皆さんのライディングは、私がしっかりビデオに収録しましたが、残念ながら写真がなくて、この場ではお見せできません、、、、

 

最後に今日の先生、マイケルとミルトンから修了証書をひとりづつもらい、記念撮影。

サンディエゴの海と波にもまれた後のさわやかな笑顔。 素敵ですね!

 dsc01399.JPGdsc01402.JPG

やはり女性は順応性が高い? 今日のベストサーファー3人娘です。 

 dsc01401.JPGdsc01400.JPGdsc01408.JPG

 

何かをつかんだ、何かを成し遂げた感がありますね。 

 

dsc01409.JPG

dsc01404.JPGdsc01406.JPG

 

 

 

 

 

 

        ビッグウエイブライダーと。これであなたもサーファーの仲間入り。 

 

 dsc01403.JPG

 

 マイケルとミルトンもとても楽しかったといってました。本当に、さわやかで楽しい方たちで、私もすっかり楽しませてもらい、あっという間の2時間でした。

 

 

みなさん、ご参加ありがとうございました。

サンディエゴでサーフィンデビューしたこと、覚えていてくださいね。

日本でも続けてください。 またぜひきてくださ~い! 

サーフィン宿泊パッケージ サンディエゴ

6月末から5泊6日のサーフパッケージに参加していただいた さおりさん。神奈川からきていただきました。

dsc01415.JPGマイケル先生と

いつもは地元のポイントで入っていらっしゃるそうですが、サンディエゴは空いていて、気持ちよくサーフィンできたようです。  イルカにも会えましたよね。

デルマーのビーチアパートに泊まっていただきました。 日常からちょっとはなれて、海の空気を感じていただけたと思います。

サーフショップツアーでは、SWAMI'S、DEL MAR SHOWERSなどのサーフポイントもいってみました。きれいでしたね。   SOLANA BEACHのお洒落なショッピング街の散策も。

さおりさんから、いろいろと日本のサーフィン事情を聞きました、、、、、、

  やっぱりサンディエゴはサーフィンパラダイス。 

 dsc01428.JPG4日間のレッスン終了後、ミルトン先生からサーティフィケートの説明

 dsc01429.JPG笑顔が素敵ですね! この気持ちよさを忘れずにいてください。

 またきてくださいね!!!

サーフィン合宿  サンディエゴ! レポート その1

7月13日から日本からいらした純子さんが、サーフパッケージに参加されています。 今回の宿泊先は、デルマーのきれいなコミュニティーの中にあるタウンハウス。

午前中に2時間のサーフィンレッスでンランチ、その後自分でサーフィンされています。 毎日、毎日サンディエゴの海でサーフィン楽しんでいま~す。

dsc01458.JPG インストラクター、ブライアンと波待ち

純子さん、サンディエゴの感想は?

海も町並みもとてもきれいで、サーフィンをしていても人の優しさを感じます。上手な人が波を譲ってくれたり、うまく乗れた時に、知らない人が『よかったよー』と声をかけてくれたりと、とても穏やかな気持ちでサーフィンしています。

WillisBrosはとても陽気で、英語がヘタな私をリラックスさせようと、いつも楽しいことを言って笑わせてくれます。本当に楽しいレッスンです。でもアドバイスは的確で、午前中に教わったことを午後一人で練習していると、心なしかちょっぴり上達したような気が。。。WillisBros曰く、『うまくできた時は、神様がちゃんと見てるかdsc01462.JPGらね!』だそうです。サーフィンの神様は私を見ていてくれるのですね~。

WillisBros. ミルトン&マイケルと純子さん

さなみさんには毎日とてもお世話になっています。本当に ありがとうございます。一緒に海に入っていると、普段はおしとやかなさなみさんの、根っこの力強い部分を感じます。『私もこんな風に前進したいなぁ』と、憧れちゃいますね。日本に帰ってからもたくさん練習して、またサンディエゴを訪れたいと思います。あと、さなみさんのお手製カレー、最高においしかったです♪

コメントありがとうございました! サンディエゴ名物?イルカ君プラス、今回はあざらし君もすぐそばに出没でしたね。2回会ったのは同じアザラシ君だったでしょうかね。今度会ったら名前をつけましょう。

続く、、、、

サーフィン合宿 サンディエゴ! レポートその2  食べ物

サンディエゴに来てくれた純子さんとランチを毎日一緒に食べました。

これサーフィン宿泊パッケージの楽しみの一つですよね~~~。サーフィンした後のランチっておいしい!

 

1日目  サーモンベーグル     delmar-029.jpg

デルマー15thの交差点にあるベーグルやさん BRUEGGER'Sで購入。トーストしたベーグルにやわらかいスモークサーモンとクリームチーズの絶妙な組み合わせ。 おいしい!

 

2日目 カレー   

前の晩に作ったシンプルな日本式カレー。チキンとたまねぎとルーはハウスこくまろ。これだけでも、サーフィンの後の空き腹には最高なんですよ。 マイケルとミルトン先生もお気に入り。

 

3日目 サンドイッチ & ワッフルdelmar-037.jpg

デルマー13thの表通りから少し入ったところにある、気持ちのいいオープンカフェ Stratford Court Café で木々にかこまれてゆっくりランチ。 ここのワッフルは甘すぎず、ふわふわ。疲れたからだにやさしいです。

 

4日目 アメリカン ハンバーガー 

純子さんのご希望にて、JACK IN THE BOXへ。 なぜここかというと、日本にはないからだそうです。大人気の IN-N-OUT BURGERは残念ながらこの近くにはありません。 久しくファーストフード店にいってなかったので、味はどんなだったかな?と。 これがおいしかったです! お腹いっぱい。

dsc01465.JPG dsc01464.JPGdsc01466.JPG

 

 

番外

SOLANA BEACHの駅近くへショッピングに行ったときに、私はZINC カフェでホットチョコレートを飲んでおりました。このCAFEは小さな噴水があって、木漏れ日の中でくつろげます。ケーキもおいしいし、サラダも凝ったものが用意されています。

 dsc01468.JPGdsc01467.JPGdsc01422.JPG

 

 

夕食 その1

今日は外で食べましょうか、ということになって、夕日がみられるビーチのレストランに行くことにしました。 私のお気に入りのひとつ CARDIFF ビーチに3軒並ぶ中の真ん中のレストラン。サーファーをみながらお食事できるんですよ。味もいいです。  隣のテーブルの男性が、バナナスプリットという小どんぶりくらいのガラスの器にたっぷりのホイップクリーム、バナナ、カスタードクリームが詰まったのを平らげるのを見てしまいました。

 

 

夕食 その2

最後の夜は、サンフランシスコからきてくれた純子さんのお姉さんとLAからやってきたサーフィン友達と5人で出かけることに。エンシニータスの街を歩きながら、どこにしようかな、、、ここはイタリアンレストランが多いところ。エンシニータス駅近くの交差点にあるレストランの前でメニューを見ていたら、そこで食べていた人が、「ここ、おいしいよ。」というので、入ってしまいました。お店の人はそのお客さんにお礼いってました。

初めて入ったところでしたが、なかなかよかったです! いいところ開拓できました。前菜に、焼いたナスに2種類のチーズが挟まっているのを頼んでみたのですが、こくがあっておいしかったなあ。

おしゃべりに、ごちそうに興奮してしまい、料理の写真撮るの忘れました、、、、、、

楽しくおしゃべりしながら夕食を終え、私達女性は真紅のバラをプレゼントされて、すっかりいい気分。

 

dinnerjunko.JPG

 

 

ここに紹介したデルマーとソラナビーチにあるお店は、sanamihana.comの街案内のページに載っています。

 

サンディエゴにきたら、日本では味わえないレストラン、ファーストフード、カフェ、などなどぜひ行ってみてください。  普通のスーパーマーケットにも楽しいものいろいろですよ。

 

メインの観光地もいいけれど、アメリカ人の普通の生活を体験するのも旅の醍醐味ですよね。

カリフォルニア サンディエゴ サーフレポート CARDIFF-BY-THE-SEA

いつもデルマー15thとソラナビーチでサーフィンしているけれど、今日は日本からのロングボーダーのお客様と CARDIFFにいってみた。

カーディフにはいくつかのスポットがあるけれど、CARDIFFと表示のある信号のところにあるのが、ポイントでカーディフっていわれているところで、ここには日本人のサーファーが週末に多くいるところ。

 私達がいったのは、その北にある キャンプグラウンド。ここには PIPESという地元では有名はポイントがあって、ロング向きの波があるところ。

この日は平日で、波も小さかったので、ビーチも海も空いていた。

サンディエゴのデルマーには地元の小学生、中学生、高校生がいつも波乗りしてるので、波があまりなくても結構人がいることが多い。でも ここは大人、しかも40代以上の人が多かった。 

夏休みのデルマーは家族連れが多くて、だめだっていわれているのに、波打ち際で泳いだり、ボディーボードやったりするお子様がいるので、サーフィンするときも気をつけないといけない。でも ここは立地条件もあり、子供連れで遊びに来る人は少なそう。

前に来たときもそうだったけれど、なんか50代風のおじ様とおば様サーファーの社交場のようになってた。 たぶん週末はまた違うのかな。

ここは、ロング向けのメロウな波があることで知られていて、女性サーファーが多く、楽に乗れるといわれていることもあり、なんかのんびりしてて、あまり上手な人がこの日は見られなかった、、、、

 

ともかく、空が青くて、水もきれい。南北にずっと続く海岸線を海から眺めると、ひと時、うっとり。カリフォルニアの風が、海が、波が、、、、、

サーフィンの後に、ビーチでゆっくりしたらさぞかし気持ちよく過ごせるだろう、、、、ランチもってきたいな、、

 

dsc01470.JPG

行き方は、フリーウエイ5番 LOMAS SANTA FE でWESTへ。HW101に突き当たったら、右折。5分ほど走ると CARDIFFという看板のでた信号がある。それを過ぎて、次の信号も過ぎると海側にフェンスがでてくる。これが SAN ELIJO SB   というカリフォルニア州立の公園でキャンプグラウンド。 

http://sanamihana.com/surfing/beaches/  ここにも載ってます。

海側の車線に行くために、どこかでUターン。路上駐車するか、キャンプグラウンドの事務所で駐車料金を払って、フェンス内に駐車するか。

 

dsc01476.JPG 駐車場dsc01474.JPG

駐車場からポイントが一望できる。 眺めサイコー!!

 

dsc01469.JPG dsc01473.JPGdsc01472.JPG

ビーチへの降り口は2箇所。 木でできた階段か、坂道。

シャワー。レストルームあり。

 

できたら、平日の空いてるときに、ランチとビーチチェアもっていってみて!  

 

夢のカリフォルニア サンディエゴ サーフ&ビーチレポート 1

夢の? って今時いわないんでしょうね。 最近はなんていうんだろ、、私のしってる最近の流行言葉は、どんだけ~ とか、微妙とか、あ、ロハスな生活とか

そんなことはさておき、ここにはカリフォルニア サンディエゴのサーフィン&ビーチに関する情報を載せていきます。私は サンディエゴでも北部エリアに住んでいるので、デルマー、ソラナビーチ、エンシニータスなどが中心になります。

 

遅くなってしまいましたが、7月4日のデルマー15thビーチの様子。

15thjuly4th.JPG

この日はアメリカの独立記念日。ビーチにはこんなことは珍しいくらいの人が。 朝早くから 場所確保のためやってくる人。お昼近くなると、続々と集まってきます。夕方には近くのレストランにドレスアップしていくカップルなど。

パラソルとビーチチェア、BBQグリル、クーラーボックス。 でもビーチではこの日、アルコールを飲むことは禁止されています。なので健全に楽しめますね。(適度に飲めない人がいたんでしょうね、、、ちょっと残念?)

15thjuly4th-3.JPG

ちなみに私達は、サーフレッスンの合間、ビーチでホットドッグを作って食べました。 今日はアメリカの記念日なので、極力アメリカンに。 海風を感じながら食べるできたてはひときわおいしい。

 夜は近くの競馬場で花火があがるので、このデルマーのビーチから見ることができます。デルマーの街が華やぐ1夜。

15thjuly4th-2.JPG
 

 

夢のカリフォルニア サンディエゴ サーフ&ビーチレポート2

7月20日のサンディエゴ デルマー15th。午前中。天気はやや曇り。

 この日は日本人の方のレッスンがあって、カメラを持って沖に出て撮影。

久しぶりに厚さのある波が沖からやってきた。胸から肩くらいの高さで乗りやすい。

今年のサンディエゴの夏は昨年と比べると涼しいように思います。ビーチにいて足の裏が熱くて、ビーサンなしではいられない、、、、ということがまだありません。

15thjuly20-2.JPG 15thjuly20-3.JPG15thjuly20-4.JPGあ、これミルトン先生。

この日デルマー15thのポイントには数名のサーファーが。 サンディエゴのサーフィンのいいところは、空いてる! の~びの~びサーフィン。特にデルマーは、ローカルが、、、とかもなく、老若男女、楽しくサーフィンしてます。 

いつも近くにいるサーファーには「Hi!」と笑顔で挨拶。  時には軽い会話して、次に会ったときには、「またあったね! 今日の調子はどう?」などと。  安心してサーフィンできる環境がいいです。

この日はレッスンの合間に、私もサーフィン楽しんじゃいました。  いい仕事だな、、、