2007 年 6月 のアーカイブ

はじめよう サーフィン レッスンその1

今日はここサンディエゴで英語学校に通っているHIDEAKI君の1回目のレッスン。

サーフィンは初めてです。 

先生は、マイケル。 最初にビーチでSAFETY TIP(安全に海でサーフィンするための注意事項など)を教わります。

これはとても大切だから、よく覚えておくようにね。 あとで先生がテストしますよ。 合言葉は

ALWAYS  BE  COOL!

 そして、ビーチに向かい、ここで立ち方の練習。

 dsc01176.JPG

最初は3ステップで覚えましょう。

まず、マイケル先生がお手本を。 dsc01180.JPG

次は、一緒に。 顔は常に進行方向。下を向かないでね。dsc01186.JPG

立ったら少しひざをまげて、リラーーーークス。dsc01192.JPG

 

いよいよ海に入ります!

先生が後ろから補助して、ボードが波に押されていきます、、、たつタイミングはいかに。

 

dsc01201.JPG

おっとっと、、、立てたけれど、身体が海に、dsc01202.JPG

 今度は、どうかな、、、、

やったー  マイケル先生もガッツポーズ。  乗れてますよ!  気持ちいい!

dsc01203.JPG

 今日は、初日で学ぶこともたくさんありましたが、ともかく、ボードの上に立って、進むというところまできました。 最初のステップは修了です。

次回は、立てる回数を多くすることと、先生の補助なしで、波を選び、パドル、立つ、岸まで乗る  が目標です。

家でも立つ練習してくださいね。これがかなり効果ありですから。次回が楽しみです!

これを読んでいるサーフィン初心者の方、HIDEAKI君と一緒に学びましょう!

 

こんなところに住んでみたい! その1

サーフスクールの生徒さんが泊まるビーチアパートメントは、デルマーの19thというビーチから歩いて2分のことろにあります。 レッスンをする15thのビーチには歩いて5,6分。ボードを持って歩いていけます。残念なことに、ここは6月末までなんですが。

ここは STUDIOタイプといって、日本でいえばワンルームマンションのようなもの。でもこの広さだったら日本では余裕でワンベットルームかな。

階段を上るとちょっとしたパティオがあって、海風がここちよい。残念ながら海はみえないのですが、波の音が聞こえます。海あがりに一人でくつろいだり、みんなでBBQもできますね。

delmar-001.jpg

 部屋には、クイーンサイズのベット。ソファ、TV。台所と冷蔵庫。

 room-007.jpg

 room-002.jpg

 

 

奥には作りつけの箪笥、クローゼット、洗面台、シャワー、トイレ。

room-003.jpg

アパートの外側には、海から上がってきたときのためのシャワー。なんと温水。コインランドリールームもあります。delmar-049.jpg

 

仕事に出かける前、帰ってきてサンセットまで、ちょっと乗ってくるかな、、

delmar-048.jpg

こんな暮らし、 、、、夢みたいだけど、ここにはあるんだなあ。

 

学生さん向けコース つくりました!

夏の時期は、日本からの短期留学生や4年生大学進学準備のための留学生がたくさんサンディエゴにいらっしゃいますね。

 06192007-070.JPGlessonjuly-019.jpg06192007-084.JPG

せっかくサンディエゴにいるのですからぜひ サーフィンをやってみて欲しい! ということで放課後に参加できるコースを作りました。

最初は足のつくことろから始めるので泳ぎに自信のない人でも大丈夫。まったくの初心者から参加できます。

英語が不安でも日本人スタッフがお世話しますので、ご心配なく。 インストラクターとの会話で生の英語を使う機会にもなりますよ。

料金も学生さん向けに、特別価格です。

試しに1回やってみてもいいし、 うまくなるまで続けても。 期間中はいつでも参加できます。

 

毎週木曜日 3時30分から    8月末まで開催予定

ボード、ラッシュガード無料レンタル。 水着だけで参加できます。

料金 1回 50ドル  3回 145ドル  4回 190ドル 

90分のレッスンの後、30分間自分で練習できる時間があります。

車がない方は 

列車: CAOSTER  でSOLANA BEACHの駅に 2時50分PM に着けば、そこからビーチまでおくります。 COASTERの駅に行くのは、ダウンタウン近辺でしたら、トロリー、バスでいけます。

 バス: UTCから101番のバスで 約20分、CAMINO DEL MAR 15thで降ります。そこから歩いて5分でビーチに着きます。

 

 お問い合わせ、お申し込みは sanamihanaの問い合わせからどうぞ。