夢のカリフォルニア サンディエゴ サーフ&ビーチレポート 1

夢の? って今時いわないんでしょうね。 最近はなんていうんだろ、、私のしってる最近の流行言葉は、どんだけ~ とか、微妙とか、あ、ロハスな生活とか

そんなことはさておき、ここにはカリフォルニア サンディエゴのサーフィン&ビーチに関する情報を載せていきます。私は サンディエゴでも北部エリアに住んでいるので、デルマー、ソラナビーチ、エンシニータスなどが中心になります。

 

遅くなってしまいましたが、7月4日のデルマー15thビーチの様子。

15thjuly4th.JPG

この日はアメリカの独立記念日。ビーチにはこんなことは珍しいくらいの人が。 朝早くから 場所確保のためやってくる人。お昼近くなると、続々と集まってきます。夕方には近くのレストランにドレスアップしていくカップルなど。

パラソルとビーチチェア、BBQグリル、クーラーボックス。 でもビーチではこの日、アルコールを飲むことは禁止されています。なので健全に楽しめますね。(適度に飲めない人がいたんでしょうね、、、ちょっと残念?)

15thjuly4th-3.JPG

ちなみに私達は、サーフレッスンの合間、ビーチでホットドッグを作って食べました。 今日はアメリカの記念日なので、極力アメリカンに。 海風を感じながら食べるできたてはひときわおいしい。

 夜は近くの競馬場で花火があがるので、このデルマーのビーチから見ることができます。デルマーの街が華やぐ1夜。

15thjuly4th-2.JPG
 

カリフォルニア サンディエゴ サーフレポート CARDIFF-BY-THE-SEA

いつもデルマー15thとソラナビーチでサーフィンしているけれど、今日は日本からのロングボーダーのお客様と CARDIFFにいってみた。

カーディフにはいくつかのスポットがあるけれど、CARDIFFと表示のある信号のところにあるのが、ポイントでカーディフっていわれているところで、ここには日本人のサーファーが週末に多くいるところ。

 私達がいったのは、その北にある キャンプグラウンド。ここには PIPESという地元では有名はポイントがあって、ロング向きの波があるところ。

この日は平日で、波も小さかったので、ビーチも海も空いていた。

サンディエゴのデルマーには地元の小学生、中学生、高校生がいつも波乗りしてるので、波があまりなくても結構人がいることが多い。でも ここは大人、しかも40代以上の人が多かった。 

夏休みのデルマーは家族連れが多くて、だめだっていわれているのに、波打ち際で泳いだり、ボディーボードやったりするお子様がいるので、サーフィンするときも気をつけないといけない。でも ここは立地条件もあり、子供連れで遊びに来る人は少なそう。

前に来たときもそうだったけれど、なんか50代風のおじ様とおば様サーファーの社交場のようになってた。 たぶん週末はまた違うのかな。

ここは、ロング向けのメロウな波があることで知られていて、女性サーファーが多く、楽に乗れるといわれていることもあり、なんかのんびりしてて、あまり上手な人がこの日は見られなかった、、、、

 

ともかく、空が青くて、水もきれい。南北にずっと続く海岸線を海から眺めると、ひと時、うっとり。カリフォルニアの風が、海が、波が、、、、、

サーフィンの後に、ビーチでゆっくりしたらさぞかし気持ちよく過ごせるだろう、、、、ランチもってきたいな、、

 

dsc01470.JPG

行き方は、フリーウエイ5番 LOMAS SANTA FE でWESTへ。HW101に突き当たったら、右折。5分ほど走ると CARDIFFという看板のでた信号がある。それを過ぎて、次の信号も過ぎると海側にフェンスがでてくる。これが SAN ELIJO SB   というカリフォルニア州立の公園でキャンプグラウンド。 

http://sanamihana.com/surfing/beaches/  ここにも載ってます。

海側の車線に行くために、どこかでUターン。路上駐車するか、キャンプグラウンドの事務所で駐車料金を払って、フェンス内に駐車するか。

 

dsc01476.JPG 駐車場dsc01474.JPG

駐車場からポイントが一望できる。 眺めサイコー!!

 

dsc01469.JPG dsc01473.JPGdsc01472.JPG

ビーチへの降り口は2箇所。 木でできた階段か、坂道。

シャワー。レストルームあり。

 

できたら、平日の空いてるときに、ランチとビーチチェアもっていってみて!  

 

ビッグウエイブライダー が語った。

やつらは普通じゃないんだオリジナルソングだよ

5月20日 日曜日にマイケル&ミルトン ウィリスを招いてのトークショウ。彼らのギターから始まり、ビッグウエイブについて、いろいろと語ってくれました。なぜサーファーはビッグウエイブにあこがれ、乗ろうとするのか、、、、実際に映像をみてみるとあまりの波の巨大さにびっくり。18メートルは確実にあったといわれる大波。 高さもさることながら、分厚さとエネルギーは尋常ではありません。

彼らがビッグウエイバーになることを選んだのではなくて、ビッグウエイブが彼らを選んだんですって。そして、ビッグウエイブライドは 人生における挑戦!

これからも挑戦し続けると力強く語ったミルトンとマイケルはかっこよかったです。

私にとってのビッグウエイブ、、、それは、、、私も挑戦しよう! とあらためて思った日でもありました。

初めての企画で、事前の打ち合わせに快く時間をさいてくれたマイケルに感謝。そして、いたらない私をたすけてくれた皆さん、ありがとうございました。 次回はより充実したものにしたいと思っています。

楽しかった! 特別講習会

最初は陸上で練習

5月13日に、デルマービーチで行われた第3回初心者特別講習会には、8名の方が参加されました。

インストラクターは、スクールの双子のオーナー、マイケルとミルトン先生が直接指導してくれて、楽しく、充実したレッスンとなりました。

全員がボードに立って、デルマーの波にもまれながらも?サーフィンを楽しんだひと時。

最年少で参加のしゅん君はなかでも一番たくさんの波に乗ったかもしれません。 将来のサーファーに期待がかかります。

参加された皆さん、ありがとうございました!   私もとても楽しかったです。

週末しか出来ない方も、できるだけ海に入りましょう。最初がかんじんです。

また ビーチで会いましょうね!!!   (次回は6月10日です)

ウィリスブラザーズ トークショウ 開催

日時 :5月 20日 (日) 3時から5時

会場 :デルマー 19th  Beach hose Studio  (FW5号 DEl MAR HIGHT ROAD から10分)

テーマ :ビッグウエイブライダーを知ろう

料金 : $15  ドリンク、スナックつき

ビッグウエイブライダーのレジェンド、マイケル&ミルトン ウィリスは、ここサンディエゴで育ち、ハワイでビッグウエイバーになりました。18メートル以上もの波を乗った記録は、DVD「Biggest Wednesday」でみることができます。トークショウでは、このDVDをみながら、ビッグウエイブの基本的な知識の説明と彼らがどうやって偉大なビッグウエイバーになったのかなどを、エピソードをまじえて語ります。

ウィリスブラザーズのことは、こちらからどうぞ http://wbsurfing.com/willis/aboutBios_j.html

日本人の方対象なので、日本語で補助説明があります。小さな会場で、アットホームな雰囲気ですから、どなたでも気軽に参加できます。

問い合わせ、申し込みは こちらからどうぞ。http://sanamihana.com/contact/

8 / 8« 最初...45678