日本からサーファーガールズ★カリフォルニアサーフィンその4 <ランチとオーガニックフード編>

日本の大型連休を利用してSanamihana宿泊付サーフィンプランに参加してくれたあきこさんとかよこさん。サーフィンの後には、カリフォルニアサーフカルチャーの街、エンシニータスライフを楽しんでいただきました。

ローカルサーファー御用達のカジュアルレストラン Fish101。テラス席で青い空とヤシの木を見ながら爽快ランチ。サーフィン後のクラフトビールも最高! バハカリフォルニアから取り寄せる新鮮なえびを使ったタコスも美味しい!

サーフポイントのカーディフ近く、海をみながらオーガニック系レストランでヘルシーランチ。アサイボールとカリフォルニアスタイルのポキボール。

滞在先近くのマーケットで食材を調達。ゲストハウスのキッチンでお料理も楽しみました。サンディエゴのアボカド、オレンジは美味しいです!

オーガニックの野菜、ジュース、ナッツなどのお店が並ぶ地元のファーマーズマーケット。ピクニック気分でランチタイム!

食べたり、飲んだり、ローカル気分の毎日。

Sanamihana宿泊付サーフィンプラン

日本からサーファーガールズ★カリフォルニアサーフィン その3<ヨガの街滞在編>

日本の大型連休を利用してSanamihana宿泊付サーフィンプランに参加してくれたあきこさんとかよこさん。サーフィンの後には、カリフォルニアサーフカルチャーの街、エンシニータスライフを楽しんでいただきました。

サーフィンだけではなくヨガの聖地でもあるエンシニータス。ヨガの聖人パラマハンサ氏が創設したSRFのメディテーションガーデを静かにお散歩。太平洋を見渡せる絶景と心地よい風に心が落ち着いてきました。サボテンに花が見られるのもこの季節ならでは。サーファー憧れのポイント、スワミズとボンヤードもここから眺められます。

エンシニータスのホットヨガクラスにもいきました。たっぷり汗をかいてスッキリ!

今回のお二人が滞在したお部屋は、エンシニータスの閑静な住宅地の一軒家の一室。南カリフォルニアらしくブーゲンビリアの咲くお庭もあって、アメリカのローカルな暮らしも体験していただきました。

Sanamihana宿泊付サーフィンプラン

日本からサーファーガールズ★カリフォルニアサーフィンその2<ショッピング編>

日本の大型連休を利用してSanamihana宿泊付サーフィンプランに参加してくれたあきこさんとかよこさん。サーフィンの後には、カリフォルニアサーフカルチャーの街、エンシニータスライフを楽しんでいただきました。
ショッピング
エンシニータスの老舗サーフショプ、Hansen’s。広ーい店内にびっくり。サーファーのデイリーアイテム、サンダルも豊富な品揃え。あきこさんは、レインボーのサンダルをゲット。日本で買うよりずっとお買い得とか。いい買い物しましたね!Sanamihanaも一押しのオーガニック日焼け止め。タイの女性の伝統コスメ「タナカ」が入ってお肌に優しい。

ローカルシェイパーも御用達、ミッチーズでは、南カリフォルニア発サーファガールのための水着ブランドSeeaの水着をお二人ともゲット。サーフィンタイムの楽しさUp。

みんな大好きパタゴニア カーディフではヨガタオルを買いました。さっそく滞在中のホットヨガで活躍。

お洒落なお店が並ぶストリートを散策。サンディエゴ産オリーブ専門店、かわいらしいアイテムが並ぶアンティークショップ。ハイセンスな雑貨ショップ、などなど。見てるだけでも楽しいお散歩。

Sanamihana宿泊付サーフィンプラン

日本からサーファーガールズ★カリフォルニアサーフィンその1<サーフィン編>

日本の大連休に素敵な大人サーフィン女子が南カリフォルニア、サンディエゴのサーフタウン エンシニータスにきてくれました!
あきこさんとかよこさんは日本で一緒にサーフィンしているサーフィン仲間です。お二人ともカリフォルニアでのサーフィンは初めてだそうです。
乗ってもらったのは、9Feet2のドナルドタカヤマ DT-2とBIGのシルバースプーン。カリフォルニアのサーフシーンにぴったりのボードです。

滞在期間中の波のサイズは、2Feetから3Feet。程度なサイズでしたが、セットは時々肩~頭もありました。
入ったポイントは、カーディフリーフ、サンエリフォビーチでの3か所、合計4つのポイント。ロングボード向きです。

曇りの時もありましたが、おおむね青い空にたくさんのサンディエゴペリカンが飛び交う気持ち良いビーチ。なにより、日本よりずっと空いているポイントで毎日サーフィン三昧の日々。

軽々と乗っていくローカルの素敵なサーファーガールズ達、仲間でわいわい乗りまくる高校生のグループ、気さくに声をかけてくれるおじさんサーファー、「一生懸命パドルして!」と応援してくれる地元で有名SUPサーファー、、との暖かいふれあいもあり。カリフォルニアの日常サーフィンに浸っていただきました。
そして、イルカ君達は、波待ちしているすぐそばでいったりきたりと遊ぶ姿もみられ、愛嬌のあるアザラシ君も顔をひょっこり顔をだして。みんながほっこりする時間も体験。

サーフィン後はビーチでここちよい風に吹かれて、、、リス君もやってきました。 カリフォルニアサーフィン、心地よい風とオープンな人達の中で。日本よりもずっと空いているポイント。サーフィンの日々を楽しんでいただきました。

Sanamihana宿泊付サーフィンプラン

レジェンドサーファーが海で気軽に話してくれて。サンディエゴサーフガイド ★カーディフ

7月初旬にお仕事でサンディエゴに滞在のYさん。1日だけ時間を作っていただき、Sanamihanaのサーフガイドをご利用いただきました。
滞在先は、サンディエゴ空港近くのダウンタウンなので、列車でソラナビーチの駅まできていただき、そこから1日サーフガイドスタート。

いくつかポイントチェックして、シーサイドで入ることに。朝10時前、サーファーも4人くらい。地元キッズ&ティーンサーファーの遊び場。

ここ、時々ロブ マチャドがきてるんですよ。会えたらいいですね、、
え、ホントですか! 会いたいですね、昔からファンです。

などど会話しつつ、入水。
1時間くらいしたころに、駐車場にちょっと一目を惹くバンを発見。お、これは、、、、彼、ロブ マチャドが来てました。

ロブは家族と遊んだ後、ボードを抱えて華麗に波の間に。

Yさんがロブの近くにいったら、「日本から来たの? こんにちは!」っていってくれたそうです。「すごく好きでDVDみてます!」とYさん感激のご対面。

海からあがったら、一緒に写真撮ってくれました。(いつもは遠くからみている私もこの時は握手してもらいました。きっと日本から一緒に来た人、と思ったでしょう)

思いがけずのレジェンドとの出会いですっかり満足した後は、Sanamihanaお勧めランチへ
クラムチャウダーとスペシャルタコス、美味しい!

ランチで満たされた後は、サーフショップめぐり。
ビング、パタゴニア、ミッチーズ、サーフライド。 たくさんのきれいなサーフボード、カリフォルニアの雰囲気満載のアイテムが並びます。
お友達やご家族のおみやげも購入。


夕方2回目のサーフィンも楽しんで、ソラナビーチの駅までお送りして、カリフォルニア サンディエゴサーフガイドは終了いたしました。

サーフィンタイムはもちろんですが、カーディフ、エンシニータスの街でランチ&散策しながら、ローカル色満載のサーフカルチャーを感じていただけたと思います。また、日本でお仕事頑張っている方のお話しをアメリカに住んで仕事をしている私が聞かせていただき、とても興味深かったです。

次回は、家族でゆっくり来たいです。とYさん。はい、ぜひ!  お子様も奥様も楽しんでいただけるビーチタウンです。 
ご参加ありがとうございました。 お待ちしております。

Sanamihana 花岡

短い滞在でもサーフィン! Sanamihana サーフガイド 
ゆっくり泊まってローカルサーファー体験 Sanamihana宿泊付サーフプラン

ベストオブベストシーズンにサーフタウン満喫★女子一人旅 カリフォルニアサーファーガール体験

2017年秋にTさんが日本からきてくれました。サーフ&ヨガの街に5泊、エンシニータスサーフィンライフを楽しんでいただきました。
サーフィンしてランチして、サーフタウン散策して、サーフィンして、夕日みて、ヘルシーフード食べて~の5日間。
サーフィンしたのは、スワミス、パイプス。ロングボードのパラダイス!

ローカルイケメンサーファーからサーフレッスンも受けました。

サンセットサーフィンも楽しみました。

サーフショップ散策 
パタゴニアサーフ、ミッチーズ ビングサーフボードなど、サーフカルチャー本場の日常散歩

エンシニータスの街散策
太平洋が目の前に広がるエンシニータスのアイコンの一つ、瞑想ガーデン。エンシニータスはヨガの聖地でもありますから。

海沿いをドライブしてラホヤへ
宝石のように美しい~と名付けられた街

お洒落ストリート
ちょっとわかりにくいところにあるショッピングストリート。今は大型モールがメインだから、この雰囲気は貴重。

ストリートの一番端にあるオリーブオイル専門店。サンディエゴの内陸にある自営農園で採れるオリーブから作ります。いろいろな種類があって、テイスティングして好みのタイプが買えるのがいいですね!

日曜日は、エンシニータスのファーマーズマーケットへ。
ローカルにまじって、ピクニック気分でランチも食べました。

エンシニータスステイの終わりに、サンセットウオッチ。 
いつかは終わる楽しい時間、でもまた日が昇るように楽しい時は必ずまたきます!

出会い
その1、友達の友達は海友達
Tさんは、普段湘南エリアでサーフィンされていると聞いて、サンディエゴのサーフィン仲間の湘南エリアに住んでいた人達とランチしましょう~と集まってもらいました。話していくと友達の友達はやはりつながってました。
それとは別に、以前サンディエゴに駐在できていて、Sanamihanaでサーフィンレッスンを受けていただいた方とTさんはお知り合いだった、ということも判明。なんと、海は世界中つながってる、とはこのことですね。

その2、あれ、ロブ マチャド ! 願えば叶うね
エンシニータスには、ロブ マチャド様が住んでます。よくここのお店にくるらしいですよ、会えたらいいですね~ なんてTさんに話しながら、今日の夕ご飯の買い物をして、レジで精算していると、なんと隣のレジに、ロブが2人の若い南国系の女性を連れて、たのしそ~に同じく精算してました! 私たちは気づかれないように?見つめてました(笑) 願ってみるものですね~ なんだか得した気分の一日になりました。(実際、得したってことですよね)

エンシニータスのローカルサーファーのような日々を体験していただけるようガイドいたしました。心も身体もリラックス、たっぷり充電して、日本での生活も楽しんでいただきたいです。

Sanamihana 宿泊プラン

パート2は、食べ物編です

カリフォルニア ロングボードサーフトリップ★ビングのボードでスワミスとカーディフ エンシニータス満喫!

日本のゴールデンウイークの後半、Nさんがカリフォルニアのサンディエゴのサーフタウン エンシニータスにきてくれました、お仕事がお忙しい中、短期間でしたが、天気にも恵まれ、適度な波となんといっても混雑していない海でゆったり波乗りを楽しんでいただけました。
レンタルしていただいたのは、Sanamihanaのレンタルボード、名匠マット・カルバーニのハンドシェイプ ビングサーフボード シルバースプーン 9Feet2
実は、今回がお客様に乗っていただくのは初めてです。
入ったポイントは、夕方のスワミス、

朝のカーディフ 

ランチは、スワミスのポイントすぐ側、気持ち良いオープンカフェのスワミスカフェで。サーフショップめぐりは、SurfySurfy、パタゴニアカーディフ、アイロンクロス、ミッチーズ、サーフライド、ハンセンズとローカルショップでたくさんの美しいボードを鑑賞、サーフカルチャー体験、お土産も買いました。そしてビングサーフショップに行ったら、サーフィン界のレジェンド Bingさんがいらっしゃって一緒に記念写真撮影という嬉しいハプニングも。

この時期のサンディエゴはまだ水温が低めなのですが、日本からの厚めのウエットスーツで問題なし。青い空と輝く太陽がまぶしいカリフォルニアで、ロングボードでゆったり波乗り~  素敵な時間を過ごしていただけたと思います。 またぜひいらしてください!

Sanamihana サーフガイドはこちらから

カリフォルニアのいい波に出会えて最高! お仕事の合間に、ショートボードトリップエンシニータスその1.

村本さんは、お仕事でサンディエゴに滞在中でした。場所はサンディエゴ空港から約30分、閑静な住宅街にある高級ゴルフリゾートホテル。グリーン鮮やかなゴルフコースを眺めながらホテルへお迎えに。エンシニータスのショップでボードレンタル。
GuideMuramoto (1)GuideMuramoto (2)

村本さんは、初回はサーフインストラクターと一緒に海に入るプランを選ばれました。ローカルショートボーダーのオースティンが入る場所をアドバイスしながら、約2時間入水。この日の波サイズは3~4Feet、スエルもパワーがありチューブも巻いてました。
「DVDにでてくるようなサーファーがたくさんいましたよ!凄いですね~」とあがった後のGoさんの感想。「それに、すごくフレンドリーで優しかったです」とも。
GuideMuramoto (5)GuideMuramoto (51)GuideMuramoto (50)GuideMuramoto (65)

ランチは、カリフォルニアサーフシーンにも度々登場する、スワミーズCafeで。オープンテラスでカリフォルニアスタイルのランチを楽しんでいただきました。
SwamisCafeSwami'sCafe

食後は、エンシニータスの老舗サーフショップ 「ハンセンズ」へ。
Hansens (2)Hansens (3)Hansens (4)

そこから歩いて、スワミーズのポイントをチェック。朝のポイントとの雰囲気の違いも感じてもらい、それから車で、パイプス、シーサイドをチェック。パイプスで入ることに。ここは朝よりもずっと空いていて、他のサーファーを気にすることもあまりなく、いい波に乗られてました。
GuideMuramoto (116)GuideMuramoto (105)

夕方からのお仕事に間にあうように、早めに切り上げて、車でホテルまでお送りしました。(ここはお仕事に差し障りがないようにしないといけませんね。)
では、後日!
村本さんは、数日後にサンディエゴでの仕事が終了されて、1日をサーフィンで楽しまれます。 ➡ショートボードトリップ その2
Sanamihana 1日サーフガイド / 宿泊付サーフプラン

カリフォルニアのいい波に出会えて最高!お仕事の合間に、ショートボードトリップエンシニータスその2.海で遭遇したのはイルカだけじゃなかった、それも最高!

村本さんのサンディエゴ滞在中の最終日に、2回目のサーフガイドを。エンシニータスのショップで前回と同じボードをレンタル。インストラクターと入ったポイントがいい波だったので、ここで午前中は入ることに。平日だったので前回よりもサーファーは少な目。サイズは少し落ちてましたが、十分楽しめます。もちろんローカルショートボーダーも遊んでます。
MuraokaDst (3)MuraokaDst (26)MuraokaDst (23)

そして、イルカ達も遊んでました。この日は、2~3頭のグループが2つ。通り過ぎるのではなく、波待ちのサーファー達のすぐ先で、なにやらくるくる回って遊んでました。 エンシニータスのサーフポイントでイルカはよく見られます、カワイイですよ。
DolphinDolphin (7)

さて、海上がりの村本さんをビーチでお迎えしていたら、「びっくりしました~」イルカにも驚いたようですが、宮崎でのサーフィン仲間お二人が同じポイントで入っていたそうです。そのお二人はLAでサーフィンして南のサンディエゴに下ってきたところだったそうです。MuraokaDst (56)

早速、一緒にランチ。 今回は、Sanamihanaお勧め、シュリンプ&フィッシュタコスを食べに。 まさかのカリフォルニア サンディエゴ エンシニータスでの再会に盛り上がりました。バハカリフォルニアから取り寄せる新鮮なエビと魚を使った4種類のタコスを堪能。
MuraokaGuide (3)MuraokaGuide (2)

午後からは、3人をお連れして、エンシニータスからデルマーエリアのサーフポイントとショップめぐりに。
スワミスでは、看板の前で写真撮りっこ。
MuraokaGuide (26)

デルマーのファミリーも遊べるきれいで気持ちの良いビーチにうっとり~
MuraokaGuide (20)

カーディフパタゴニアでは、日本人のスタッフの方もいて、親切に説明してくれました。おしゃれな雰囲気とエンシニータス限定グッズなどもあり、高品質で豊富な品揃え。
MuraokaGuide (6)MuraokaGuide (7)

日本のご家族にお土産かな?  いいものゲットしたようです。
MuraokaGuide (18)

パタゴニアは超有名店で日本にもサーフパタゴニア店はありますが、この近くにある別のローカルサーフショップは、ここカーディフにしかありません。地元に長く愛され続けているショップも見逃せませんよ~ ということで、そちらにも3人をお連れしました。ローカルの香りいっぱい。
MuraokaGuide (19)

村本さんの今回最後のサーフィンは、エンシニータスの広々サーフエリアで。
MuraokaPipes (3)
コンディションはベストとはいえませんでしたが、3人でしっかり楽しんでました。
MuraokaPipes (9)MuraokaPipes (23)

 

夕方になるにつれ、学校帰りの子供たちも入ってきてだんだんにぎやかに。
MuraokaPipes (19)

村本さんは翌日、サンディエゴ空港からのJAL成田直行便で日本へお帰りになります。他のお二人はもうしばらくサーフトリップを続けられるようです。
MuraokaPipes (30)

今回は、お仕事の合間と最終日にサーフィンをたのしまれた村岡さん。短い間でしたが、いい波にもあたり、イルカと日本のサーフィン仲間との楽しいひと時もあり、エンシニータスのサーフィンライフを満喫していただけたと思います。

Sanamihanaのガイドをご利用いただき、ありがとうございました。 またぜひいらしてください。イルカと一緒にお待ちしております!

Sanamihana 1日サーフガイド / 宿泊付サーフプラン

9月の中旬 サンディエゴで学会  そして、波乗り~  カリフォルニアサーフィン満喫

今から数年前の9月中旬。カリフォルニア サンディエゴで米国骨代謝学会会議が開かれました。 こちらには、日本からたくさんの優秀なお医者様がいらしていたそうです。

さて、Sanamihanaでは、この期間中に学会参加のお医者様サーファーの方々にサンディエゴの波乗りをガイドさせていただきました。

皆さん、サンディエゴのダウンタウンにある会場コンベンションセンター近くにお泊りなので、サーフポイントのあるエンシニータス、ソラナビーチには、列車やタクシーを利用していただきました。

ショートのお2人には、ソラナビーチのMitch’sでウエットとボードを用意して、Sea Sideへ
翌日がイベントでサーフコンテストも予定されていたせいか、エントリーした小学生から高校生までが練習にきてました。
そこで、偶然にも、私達が留めた車の横に、ロブ マチャド氏が海に入る前の着替え中でした。 メインから少しはずれたところでのロブの華麗なライディングをまじかにみながらのセッションを楽しみました。

Oさんは、アメリカ国内から参加されていました。今回は、TAKAYAMA DT-2をSanamihanaからレンタルしていただき、聖地SWAMI’Sで楽しんでいただきました。 程よいパワーとサイズでカリフォルニアサーフィンを満喫していただいたようです。

カリフォルニアのローカルサーファーとの波乗り、南カリフォルニア サンディエゴのビーチの風を感じていただけたと思います。

リフレッシュされて、これからもお仕事も頑張ってください。

またカリフォルニア サンディエゴにいらしゃる機会がありましたら、ぜひ波乗りを楽しんでください。

Sanamihanaでは、ボード、ウエットスーツレンタルの手配もいたしますので、手ぶらでいらしてもサーフィンが楽しめます。